行事案内今月の論語論語漫遊など、最新情報はすべてこちらにまとめました

New! 最新情報【論語普及会】New!

<事務局からのお知らせ>
◆「新入会・会員紹介のお願い」の特典付きキャンペーン実施
会員の皆様に、是非ご友人や知人の方の紹介を頂きたくご協力・ご支援の程お願い致します。
①キャンペーン期間:令和5年12月1日~令和6年5月31日
②特典
 ・新入会員ご紹介者様に:「仮名論語」贈呈。
 ・新入会員様に:「論語 普及会」開催の「文化講座」(現13講座)の内、いずれかを無料で3回受講できる特典を提供。 詳細はこちら

◆「論語の友」読者アンケート実施。
会員の皆様から会誌「論語の友 」に関し、アンケートを募集致しております。皆様のご意見・ご感想などをお聞かせ下さいます様お願い致します。詳細はこちら

◆「文化講座」の新年度(令和6年度:令和6年3月~令和7年2月)開講の一覧表(14講座)はこちらをご覧下さい。詳細はこちら
講座の日程及び講座の実施区分は(①事務所開催講座②オンライン(ZOOM)専用講座③オンライン(ZOOM)併用講座)の3区分がありますので、ご都合にあわせてご参加下さい。
尚、特別会員になると、複数の文化講座を何回でも無料で参加出来ることになりました。この機会に、協力会員・維持会員からのランクアップをご検討ください。

◆6月にスタートしました基盤強化の施策検討の「強化委員会」は、毎月1回開催、引き続き検討を頂いております。

◆書籍申込書はこちら

◆伊與田覺先生の新刊書「続・有源山話」がアマゾンでも販売開始しました。どうぞお買い求め下さい。詳しい情報は、こちらへどうぞ。


◆事務局の勤務は引き続き変則勤務にしております。
電話・メール・FAX・Web注文は転送機能等を活用し、従来通り対応ができるよう作業を進めております。書籍注文は、なるべく余裕を持ってご注文をお願い致します。

また、事務所にお越しの際は、事前にご一報下さい。ご不便をおかけ致しますが、ご理解ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


 今月の論語 (2024年2月) 会長 目黒 泰禪

 夫子木鐸(ふうしぼくたく)

 天下の道(みち)無きや久し。
 天(てん)將(まさ)に夫子を以(もっ)て
 木鐸と爲(な)さんとす。

 天下之無道也久矣。天將以夫子爲木鐸。
 (八佾第三、仮名論語三五頁)


〔注釈〕(関守が弟子たちに語った)「天下に道の行われないのが久しいので、天が先生を木鐸として、道を知らせようとされているのです」

 能登半島地震で亡くなられた方々に心より哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

 元朝、家で掲げた日の丸に日本と皇室の安寧を祈って新しい年が始まった。神仏に手を合せ国家安泰と家内安全、特に昨年は二人して相次ぐ病で病院通いをしただけに「家門(いへかど)高く身(み)健(すこやか)に」と祈った元日であった。お屠蘇でまどろんだ午後四時八分、「地震よ。ニュース見て」との娘からの電話に、すぐテレビのスイッチを入れた。崩壊した家屋とゆがんだ道路の映像。「逃げてください!津波が来ます!すぐに逃げてください」のアナウンサーの声。しだいに増える死者と行方不明者。二十九年前の阪神淡路大震災の記憶が蘇り、胸が締めつけられた。

 今も続く余震と日本海をわたる寒気が先の見えない不安を増幅させるが、被災された皆様には何とか頑張って、この苦難をしのいで戴きたい。ある海外メディアが「地震が日本の強靭さを示している」と伝えていた。建物や道路等の耐震性の強度ではない。日本人の自然災害に対する精神の強さを伝えたかったのである。確かに、日本人には身を寄せ合いながら、共に乗り越えようとする気概がある。意識するしないに拘らず、日本人は皆、伊弉諾(いざなぎ)伊弉冉(いざなみ)二柱の祖神(おやがみ)から産まれた同胞(はらから)の国柄である。一日夜、天皇皇后両陛下は翌二日の一般参賀中止のご意向を示された。大御宝(おおみたから)(国民)安かれと、祈られる天皇陛下がおられる国体である。他者を気づかい思いやる日本人であること、世界に類のない万世一系の天皇を奉戴する国体、国土も自然万物までも同じ祖神から産みだされたという国柄を、我々の世代が次の世代へしっかりと伝えなければならない。

 孔子が自分の理想と信念が合う国を探して諸国を遍歴した時、衛の国境にある儀の関守が孔子と会見した後に、居合わせた弟子たちに「天下に道の行われないのが久しいので、天が先生を木鐸として、道を知らせようとされているのです」と語った。 

 木鐸を振りふり斯の道を逝く 果の見えざる斯の道を   壺中庵主人

 平成二十七年の正月号に村下好伴先生が詠まれた自由律である。SNSやチャットGPT等の生成AIの進化は、むしろ日本人の精神や日本の国体をゆるがせにするような気がしてならない。我々団塊の世代が率先して木鐸を振りふり伝えなければならない。與(とも)に共に。

わが夫子 御位なくも 患へむや 天は夫子を 木鐸(ぼくたく)とせむ (見尾勝馬『和歌論語』)


良書案内
「続・有源山話」
『365日、くらしのこよみ』『教養として読んでおきたい「十七条憲法」』
山田方谷と古本大學活用書
八百屋論語と孝の道
それ論語!?
「孝経素読」「私の祈り」「論語…に生き方を学ぶ」
「百歳の論語」
「仮名論語」

書籍申込書
ページTOPへ↑
教室名称 開催地 代表・講師 連絡先
東日本国際大学・論語素読及び勉強会 いわき市 城山 陽宣 0246-21-1662
河内「論語」に親しむ会 宇都宮市 伊藤 昭博 028-673-8526
象英塾 東京 井上 象英 03-3703-6009(緒方)
里仁・春日部「論語を学ぶ会」 春日部市 鈴木 絹江 080-1083-9643
富山論語塾関係
 ・里仁塾 富山市 小林 洋 076-436-5881
 ・桜っ子論語塾 富山市 小林 洋 076-436-5881
金澤・親子で楽しむ寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤・親子の寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤温習塾 金沢市 小林 洋 076-436-5881
明清こども論語塾 藤沢市 阪井 祐基子 0466-33-8777
富士論語を楽しむ会 富士市 藤田 惠丸 090-6464-1186
東洋文化振興会 名古屋市 三島 徹 090-4859-4736
京都・衣笠三省塾 京都市 長野 享司 075-461-0739
北摂尚友木鶏クラブ 高槻市 森 達次 072-695-9945
中之島図書館論語塾 大阪市 谷口 利広 0745-73-2809
「ええやんか!論語」
 ・梅田・論語に親しむ会 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
 ・有隣論語塾(女性の為の論語講座) 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
豊中こども論語塾 豊中市 乾 進一 080-1410-7164
真儒協会定例講習 大阪市 高根 秀人年 06-6330-0661
高津子供論語を楽しむ会 大阪市 野﨑 眞夫 090-9879-3135
中津論語を楽しむ会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
洗心講座 大阪市 松本 守信 090-3704-6289
中津吟詠教室 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
詩吟及び漢詩の会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
博学篤志塾 大阪市 岡野 護 06-4797-9570
南河内照隅会 大阪狭山市 金谷 善夫 072-366-5554
耕心塾 四條畷市 川西 勝久 072-876-0657
【NEW】泉大津こども・おやこ論語教室 泉大津市 井上 信久 090-5461-4596
箕面継学会 箕面市 入江 潤 090-7751-0500
小野原豊寿友の会 箕面市 内海 辰郷 090-5151-6438
伊丹丹養子供会 伊丹市 柳 佳子 090-7485-4785
宝塚・寺子屋論語塾 宝塚市 岸本 健 0798-53-7673
仁譲塾 高砂市 浅見 純子 090-4561-1307
うはら論語会 神戸市 目黒 泰禪 078-981-9655
姫路「論語」に親しむ会 姫路市 尼子 美保 090-7102-7647
素読塾 兵庫県多可郡 永谷 敏 0795-32-3971
めだか論語普及会
 ・八雲めだか論語塾 松江市 小谷 忠延 0852-54-1072
 ・出雲めだか論語塾 出雲市 岩本 勍 0853-23-6768
 ・めだかの学校・國富教室 出雲市 小谷 忠延 0853-63-1372
 ・めだか論語荒島教室 安来市 小谷 忠延 0854-28-6951
 ・寺子屋あい論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-56-0001
 ・仁多志学論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0003
 ・三沢論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0714
阿品台こども論語塾 廿日市市 江藤 秀亮 0829-39-8111
論語に親しむ「里仁会」 東かがわ市 篠原 和男 090-5279-8815
綾歌「敬愛」親子論語塾 丸亀市 宮武 清寛 087-881-8111
こども論語素読塾 松山市 石田 英司 089-948-1222
福岡青年論語塾 福岡市 原田 090-9075-8624
瓠堂塾 大分市 玉井 重麿 097-553-5394
宇土親子論語教室 宇土市 米澄 邦夫 0964-26-1515
菊池こども論語塾 菊池市 木原 昭三 0968-25-2316
【NEW】益城論語塾「仁之里」 熊本県益城町 山口 仁義 096-286-0690
【順不同 随時更新 令和4年4月現在】
各教室の行事予定詳細は・・・こちら
ページTOPへ↑

Copyright:(C) Rongo-Fukyukai. All Rights Reserved.