行事案内今月のことば論語漫遊など、最新情報はすべてこちらにまとめました

New! 最新情報【論語普及会】New!

 今月のことば (2019年6月) 会長 目黒 泰禪

 忠恕一貫(ちゅうじょいっかん)

 子曰わく、參(しん)や、吾が道は一(いつ)以(もっ)て
 之を貫く。曽子(そうし)曰わく、唯(い)。子(し)出(い)ず。
 門人(もんじん)問うて曰わく、何の謂(いい)ぞや。
 曽子曰わく、夫子(ふうし)の道は忠恕のみ。

 子曰、參乎、吾道一以貫之。曾子曰、唯。子出。
 門人問曰、何謂也。曾子曰、夫子之道忠恕而已矣。
 (里仁第四、仮名論語四三頁)



〔注釈〕先師が言われた。「参(曾子の名)よ、私の道は一つの原理で貫いている」曾子が「はい」と歯切れよく答えられた。先師は満足げに出て行かれた。他の門人が「どうゆう意味ですか」と問うた。曾子が答えられた。「先生の道は、まごころ(忠)からなるおもいやり(恕)だと思うよ」
会長 目黒 泰禪

 「令(うるわ)しく和(やわ)らぎ生きる」を希(こいねが)う「令和」の御代が始まった。団塊の世代の我々は三代に亘ったということで、何か急に老いが進んだ感じがしないでもない。振り返ると「地平らかに天成る」との「平成」の時代は、命名の思いとは隔たりのある、地震(ふる)い天陰(かげ)るという印象をぬぐえない。

 自然に恵まれた「豐葦原(とよあしはら)千五百(ちいほ)秋(あきの)瑞穗(みづほ)之(の)地(くに)」と称される日本は、反面、自然の脅威もまた大きい。昭和時代の自然災害では、青函連絡船の洞爺丸を沈め、伊勢湾沿岸に高潮で甚大な被害をもたらした「台風」を思い起こす。襲来に五年を前後して奇しくも同じ、十五号の台風であり、九月二十六日の事であった。しかし平成時代の災害では、「地震」が記憶の大半を占めている。阪神・淡路大震災であり東日本大震災である。そして今も熊本地震と北海道胆振東部地震の震いが止まらない。

 上皇陛下は昨年の御誕辰に「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」と述べておられる。戦後世代の昭和にあっても、米ソ冷戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、中東戦争等の「戦争」は打ち続いた。平成においては、オウム真理教の地下鉄サリン事件、アルカイーダによるアメリカ同時多発テロ、シャルリー・エブド襲撃事件、ISによるパリ同時多発テロ等々が頻発。平成最後の春も、スリランカ連続自爆と「テロ」が止まらない。

 昭和と平成の時代の変わりを、思いつくまま事象で列挙してみたい。「広島・長崎」の原爆と「フクシマ」原発。「アインシュタイン博士」と「ホーキング博士」。「米ソ軍拡競争」から「米中貿易戦争」。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」から日本の「失われた二十年」。漫画「鉄腕アトム」とアニメ「風の谷のナウシカ」。月面探査「アポロ」と小惑星探査「はやぶさ」。「おしん」と「あまちゃん」。「チッキ」から「宅急便」。「テレビ」から「スマホ」。「百貨店」から「アマゾン」。

 上皇陛下はかつて記者団からお好きな言葉をと問われて、「忠恕」をお挙げになられた。『論語』里仁篇の「夫子(ふうし)の道(みち)は忠恕(ちゅうじょ)のみ」からの言葉である。皇太子時代に東宮御教育常時参与小泉信三から教わり、心に刻み付けたとして「自己の良心に忠実で、人の心を自分のことのように思いやる精神です。この精神は一人一人にとって非常に大切であり、さらには日本国にとっても忠恕の生き方が大切ではないかと感じています」と述べておられる。

 上皇陛下が御心に刻まれた「忠恕」は、孔子が貫かれた道である。時代が変わっても変わらないものがある。この『論語』の真髄である「忠恕」を、世代を越えて繋いでいきたい。

 一貫の 道のこゝろは 忠恕のみ かはらぬ愛の まごゝろの道
        (見尾勝馬『和歌論語』)

総会後の集合写真

良書案内
それ論語!?
「孝経素読」「私の祈り」「論語…に生き方を学ぶ」
「百歳の論語」
「仮名論語」

書籍申込書
ページTOPへ↑
教室名称 開催地 代表・講師 連絡先
東日本国際大学・論語素読及び勉強会 いわき市 城山 陽宣 0246-21-1662
河内「論語」に親しむ会 宇都宮市 伊藤 昭博 028-673-8526
里仁・春日部「論語を学ぶ会」 春日部市 鈴木 絹江 080-1083-9643
富山論語塾関係
 ・里仁塾 富山市 青木 順子 076-456-8221
 ・桜っ子論語塾 富山市 青木 順子 076-456-8221
ななお耳順会 七尾市 外谷 與生 0767-53-3872
金澤・親子で楽しむ寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
小坂・寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤・親子の寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤温習塾 金沢市 小林 洋 076-436-5881
滋賀・ひとまち寺子屋「こども論語塾」 草津市 西原 卯宏 090-8799-7846
東急セミナー「論語を読む」 自由が丘 井上 象英 03-5726-4153
明清こども論語塾 藤沢市 阪井 祐基子 0466-33-8777
富士論語を楽しむ会 富士市 藤田 恵丸 090-3704-6289
東洋文化振興会 名古屋市 三島 徹 090-4859-4736
三重・喜心の会論語塾 三重県員弁郡 福島 義信 090-5642-5998
0594-76-1502
京都・衣笠三省塾 京都市 長野 享司 075-461-0739
「京の論語を楽しむ会」 京都市 安田洋二郎 090-9999-1458
一輪会 宇治市 森 正子 090-6606-8061
丹後子ども論語塾 京丹後市 青木 順子 0772-62-0225
北摂尚友木鶏クラブ 高槻市 森 達次 072-695-9945
中之島図書館論語塾 大阪市 谷口 利広 0745-73-2809
「ええやんか!論語」
 ・梅田・論語に親しむ会 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
 ・有隣論語塾(女性の為の論語講座) 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
不昧猶興会やまとことば活学論語塾 豊中市 木下 080-5318-2880
豊中こども論語塾 豊中市 乾 進一 080-1410-7164
真儒協会定例講習 大阪市 高根 秀人年 06-6330-0661
高津子供論語を楽しむ会 大阪市 野﨑 眞夫 090-9879-3135
中津論語を楽しむ会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
洗心講座 大阪市 松本 守信 090-3704-6289
中津吟詠教室 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
詩吟及び漢詩の会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
博学篤志塾 大阪市 岡野 護 06-4797-9570
南河内照隅会 大阪狭山市 金谷 善夫 072-366-5554
耕心塾 四條畷市 川西 勝久 072-876-0657
箕面継学会 箕面市 入江 潤 090-7751-0500
伊丹丹養子供会 伊丹市 柳 佳子 090-7485-4785
宝塚・寺子屋論語塾 宝塚市 岸本 健 0798-53-7673
篠山論語塾 篠山市 熊谷 満 079-552-0850
久敬の会 神戸市 吉岡信一郎 090-9716-0957
東播磨小学生論語素読会 加古川市 浅見 純子 090-4561-1307
仁譲塾 高砂市 浅見 純子 090-4561-1307
うはら論語会 神戸市 目黒 泰禪 078-981-9655
姫路「論語」に親しむ会 姫路市 尼子 美保 090-7102-7647
素読塾 兵庫県多可郡 永谷 敏 0795-32-3971
めだか論語普及会
 ・八雲めだか論語塾 松江市 小谷 忠延 0852-54-1072
 ・出雲めだか論語塾 出雲市 岩本 勍 0853-23-6768
 ・めだかの学校・國富教室 出雲市 小谷 忠延 0853-63-1372
 ・めだか論語荒島教室 安来市 小谷 忠延 0854-28-6951
 ・寺子屋あい論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-56-0001
 ・仁多志学論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0003
 ・三沢論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0714
阿品台こども論語塾 廿日市市 江藤 秀亮 0829-39-8111
論語に親しむ「里仁会」 東かがわ市 篠原 和男 090-5279-8815
綾歌「敬愛」親子論語塾 丸亀市 宮武 清寛 087-881-8111
こども論語素読塾 松山市 石田 英司 089-948-1222
瓠堂塾 大分市 玉井 重麿 097-553-5394
宇土親子論語教室 宇土市 米澄 邦夫 0964-26-1515
菊池こども論語塾 菊池市 木原 昭三 0968-25-2316
【順不同 随時更新 平成29年4月現在】
各教室の行事予定詳細は・・・こちら
ページTOPへ↑

Copyright:(C) 2017 Rongo-Fukyukai. All Rights Reserved.