行事案内今月のことば論語漫遊など、最新情報はすべてこちらにまとめました

New! 最新情報【論語普及会】New!

 今月のことば (2019年3月) 会長 目黒 泰禪

 温厲威恭(おんれいいきょう)

 子、温(おん)にして厲(はげ)し。
 威にして猛(たけ)からず。恭(きょう)にして安し。

 子、温而厲。威而不猛。恭而安。
 (述而第七、仮名論語九七頁)



〔注釈〕先師は、おだやかでいて厳しく、おごそかであっても猛々しいところはなく、うやうやしくて、しかも安らかな方であった。

 待ち遠しい春の到来である。何となく嬉しくなる。目をつむる。一面の白さから、雪が解け水温(ぬる)み、流氷は去る。大地の黒、草木の緑とオホーツクの青が蘇る。幼い頃のそんな春が一番嬉しかった。入学や入社時分には多少の不安をおぼえた歳もあったが、総じて春は嬉しい。

 孔子の人柄を弟子たちは「温(おん)にして厲(はげ)し(おだやかであるが、厳しい先生であった)」(述而篇)と言う。文学に通じた子夏もまた、先生と君子の姿を重ねて「遠くから仰ぎ見るとおごそかであるが、近づいて見ると温かみがある。ところがその言葉を聞くと、犯し難い厳しさを感じる」(子張篇)と表現する。

 『論語』に記(しる)された孔子の厳しさは、受講中に昼寝をしてしまった宰我を、どうしようもない「朽木糞牆(きょうぼくふんしょう)」(公冶長篇)と叱責し、力不足で先生について行けないと弱音を吐く冉求には、「とことんやって中途で倒れるならまだしも、やりもしないであきらめるとは。今汝(なんじ)は画(かぎ)れり」(雍也篇)と、真に厳しい。ひけらかす子貢に「詩経三百篇全て暗唱できても、外交の場で活かせず自分の責務も果たせないようでは何の役に立とうか」(子路篇)とにべもない。また武闘派舎弟のような子路に対しては、全軍を率いる場面でも「暴虎馮河(ぼうこひょうが)、死ぬことを何とも思わない者と私は共にしない」(述而篇)と容易に認めない。然しながら、何よりも自分に対して厳しいのが孔子である。「私が道から外れたならば、天は私を許しておかないだろう」(雍也篇)、「徳が身につかないこと、学を究められないこと、正しい道を聞いても行うことができないこと、悪い行いをあらためることができないこと、この四つをつねに憂うる」(述而篇)と己を律して、「学んでも学んでも、つねに及ばない気持ちでいるが、なおその気持ちを失いはしないかといつも恐れる」(泰伯篇)と刻苦勉励する。正に慎独である。

 孔子の恩慈(おんじ)も格別である。不治の病(癩とも)に罹った冉伯牛の手を窓からとり、「天命であろうか、このような立派な人がこのような病魔に罹るとは」と心底から嘆きを発する。またとして行方知れずになった顔回が、やっと孔子一行に追い着いた際には「お前が死んでしまったかと思った」と喜びを顕にする。温克(おんこく)の孔子である。

 佐藤一斎の「春風を以て人に接し、秋霜を以て自ら粛(つつし)む」(『言志後録』)である。そうありたいと願いつつ最早この歳、勉励には遅きに失した。いや、「春と聞かねば知らでありしを 聞けば急(せ)かるる 胸の思いを」(『早春賦』作詞吉丸一昌(よしまるかずまさ))と唱歌にある。春に胸はずむうちはまだ自らを画(かぎ)るまい。

 あたゝかく 嚴(いか)めしかれど 猛(たけ)からず 恭しきは 御姿(おんすがた)なり
        (見尾勝馬『和歌論語』)

孔德成先生百年紀念展。右より6人目 孔垂長先生、2人目 筆者

良書案内
それ論語!?
「孝経素読」「私の祈り」「論語…に生き方を学ぶ」
「百歳の論語」
「仮名論語」

書籍申込書
ページTOPへ↑
教室名称 開催地 代表・講師 連絡先
東日本国際大学・論語素読及び勉強会 いわき市 城山 陽宣 0246-21-1662
河内「論語」に親しむ会 宇都宮市 伊藤 昭博 028-673-8526
里仁・春日部「論語を学ぶ会」 春日部市 鈴木 絹江 080-1083-9643
富山論語塾関係
 ・里仁塾 富山市 青木 順子 076-456-8221
 ・桜っ子論語塾 富山市 青木 順子 076-456-8221
ななお耳順会 七尾市 外谷 與生 0767-53-3872
金澤・親子で楽しむ寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
小坂・寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤・親子の寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤温習塾 金沢市 小林 洋 076-436-5881
滋賀・ひとまち寺子屋「こども論語塾」 草津市 西原 卯宏 090-8799-7846
東急セミナー「論語を読む」 自由が丘 井上 象英 03-5726-4153
明清こども論語塾 藤沢市 阪井 祐基子 0466-33-8777
富士論語を楽しむ会 富士市 藤田 恵丸 090-3704-6289
東洋文化振興会 名古屋市 三島 徹 090-4859-4736
三重・喜心の会論語塾 三重県員弁郡 福島 義信 090-5642-5998
0594-76-1502
京都・衣笠三省塾 京都市 長野 享司 075-461-0739
「京の論語を楽しむ会」 京都市 安田洋二郎 090-9999-1458
一輪会 宇治市 森 正子 090-6606-8061
丹後子ども論語塾 京丹後市 青木 順子 0772-62-0225
北摂尚友木鶏クラブ 高槻市 森 達次 072-695-9945
中之島図書館論語塾 大阪市 谷口 利広 0745-73-2809
「ええやんか!論語」
 ・梅田・論語に親しむ会 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
 ・有隣論語塾(女性の為の論語講座) 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
不昧猶興会やまとことば活学論語塾 豊中市 木下 080-5318-2880
真儒協会定例講習 大阪市 高根 秀人年 06-6330-0661
高津子供論語を楽しむ会 大阪市 野﨑 眞夫 090-9879-3135
中津論語を楽しむ会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
洗心講座 大阪市 松本 守信 090-3704-6289
中津吟詠教室 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
詩吟及び漢詩の会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
博学篤志塾 大阪市 岡野 護 06-4797-9570
南河内照隅会 大阪狭山市 金谷 善夫 072-366-5554
耕心塾 四條畷市 川西 勝久 072-876-0657
箕面継学会 箕面市 入江 潤 090-7751-0500
伊丹丹養子供会 伊丹市 柳 佳子 090-7485-4785
宝塚・寺子屋論語塾 宝塚市 岸本 健 0798-53-7673
篠山論語塾 篠山市 熊谷 満 079-552-0850
久敬の会 神戸市 吉岡信一郎 090-9716-0957
東播磨小学生論語素読会 加古川市 浅見 純子 090-4561-1307
仁譲塾 高砂市 浅見 純子 090-4561-1307
うはら論語会 神戸市 目黒 泰禪 078-981-9655
姫路「論語」に親しむ会 姫路市 尼子 美保 090-7102-7647
素読塾 兵庫県多可郡 永谷 敏 0795-32-3971
めだか論語普及会
 ・八雲めだか論語塾 松江市 小谷 忠延 0852-54-1072
 ・出雲めだか論語塾 出雲市 岩本 勍 0853-23-6768
 ・めだかの学校・國富教室 出雲市 小谷 忠延 0853-63-1372
 ・めだか論語荒島教室 安来市 小谷 忠延 0854-28-6951
 ・寺子屋あい論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-56-0001
 ・仁多志学論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0003
 ・三沢論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0714
阿品台こども論語塾 廿日市市 江藤 秀亮 0829-39-8111
論語に親しむ「里仁会」 東かがわ市 篠原 和男 090-5279-8815
綾歌「敬愛」親子論語塾 丸亀市 宮武 清寛 087-881-8111
こども論語素読塾 松山市 石田 英司 089-948-1222
瓠堂塾 大分市 玉井 重麿 097-553-5394
宇土親子論語教室 宇土市 米澄 邦夫 0964-26-1515
菊池こども論語塾 菊池市 木原 昭三 0968-25-2316
【順不同 随時更新 平成29年4月現在】
各教室の行事予定詳細は・・・こちら
ページTOPへ↑

Copyright:(C) 2017 Rongo-Fukyukai. All Rights Reserved.