行事案内今月のことば論語漫遊など、最新情報はすべてこちらにまとめました

New! 最新情報【論語普及会】New!

 今月のことば (2019年4月) 会長 目黒 泰禪

 如何如何(じょかじょか)

 子曰く、之(これ)を如何(いかん)、之を如何と曰わざる者は、
 吾之(われこれ)を如何ともする末(な)きのみ。

 子曰、不曰如之何如之何者、吾未如之何也已矣。
 (衛霊公第十五、仮名論語二三四・二三五頁)



〔注釈〕先師が言われた。「これはどうしよう、これはどうしようと常に自分に問いかけないような者は、私にもどうしようもない」
会長 目黒 泰禪

 「これを如何(いかん)、これを如何」と疑問を持てということである。聖人が述べたという語録であっても、所詮、人間の作ったもので、天に照らして絶対に誤りがないとは言えない。常に己の足らざることを感じながら、孔子は研鑽に研鑽を重ねて息を引き取った。「これを如何、これを如何」と言いながら進んでいく、これが進歩である。死ぬまで「これを如何、これを如何」と続けていきたい。以上の言葉は、今年八十八歳になられる村下好伴相談役の久敬の会百回記念大会における御講義である。

 五年前からずっと待っていた朗報が届いた。二月二十二日、探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」に一回目の着陸(タッチダウン)に成功した。二〇一四年十二月三日に打ち上げられて以来、この日を待ちに待っていた。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の着陸成功を伝える会見で、佐伯孝尚フライトディレクターは「しつこいくらい論議して、しつこいくらい観測して、はやぶさ2チーム全体の、しつこさが実った」と語った。この後、上空から金属弾を地表に撃ち込んでクレーター(窪地)をつくり、地下に埋もれた物質を採取するという挑戦が控えている。最終的には、二〇二〇年末に「りゅうぐう」の岩石や物質を入れたカプセルを地球に届けるのが使命である。小惑星は四十六億年前の太陽系ができたばかりの痕跡を残すとされ、「りゅうぐう」の岩石を分析できれば、地球の成り立ちや生命誕生の謎の解明に役立つと期待されている。

 今から九年前の二〇一〇年六月十三日、初代「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」を往復し、七年間に亘る六十億㎞の旅、幾多の困難を乗り越えて地球に帰還した。大気圏に突入して火球となって燃え尽きた「はやぶさ」の映像は、今も鮮明に脳裡に浮かぶ。その二ヶ月後の盆明け十八日午前中に東京で会議があった。帰りの新幹線の乗車を前にして、車中での一冊にと丸善本店に立ち寄ったところ、偶々『おかえり、はやぶさ』展が開催されていた。「はやぶさ」が届けたカプセルを目にし、感激と同時に幾ばくかの感傷を伴った覚えがある。自らを犠牲にしてカプセルを届けた、その姿にである。

 「はやぶさ2」はどの辺りだろうと時折、余寒の星空を見上げる。勿論、肉眼で見えないのは解っている。が、つい視てしまう。是非とも地球に無事帰還し「りゅうぐう」のかけらを届けて欲しいと願う。ピアニスト辻井伸行の『はやぶさ 遥かなる帰還』を聴くと、丸善での邂逅につながる。我々も『論語』の普及に「しつこく、しつこく」「これを如何、これを如何」と進み、『論語』の心髄を次世代に贈り届けたい。荼毘(だび)に付されるまで。

 如何せむと 聞かざるのみか わが思ふ まゝなす人や 救ふすべなし
        (見尾勝馬『和歌論語』)

孔德成先生百年紀念会にて。前列左より森田理事・筆者・緑川浩司㈻昌平黌理事長・伊與田恵子様、後列左より松本優梨東日本国際大学教授・井上顧問・安斎理事・河野様・伊與田由起様・黄銘志臺南大學教授

良書案内
それ論語!?
「孝経素読」「私の祈り」「論語…に生き方を学ぶ」
「百歳の論語」
「仮名論語」

書籍申込書
ページTOPへ↑
教室名称 開催地 代表・講師 連絡先
東日本国際大学・論語素読及び勉強会 いわき市 城山 陽宣 0246-21-1662
河内「論語」に親しむ会 宇都宮市 伊藤 昭博 028-673-8526
里仁・春日部「論語を学ぶ会」 春日部市 鈴木 絹江 080-1083-9643
富山論語塾関係
 ・里仁塾 富山市 青木 順子 076-456-8221
 ・桜っ子論語塾 富山市 青木 順子 076-456-8221
ななお耳順会 七尾市 外谷 與生 0767-53-3872
金澤・親子で楽しむ寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
小坂・寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤・親子の寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤温習塾 金沢市 小林 洋 076-436-5881
滋賀・ひとまち寺子屋「こども論語塾」 草津市 西原 卯宏 090-8799-7846
東急セミナー「論語を読む」 自由が丘 井上 象英 03-5726-4153
明清こども論語塾 藤沢市 阪井 祐基子 0466-33-8777
富士論語を楽しむ会 富士市 藤田 恵丸 090-3704-6289
東洋文化振興会 名古屋市 三島 徹 090-4859-4736
三重・喜心の会論語塾 三重県員弁郡 福島 義信 090-5642-5998
0594-76-1502
京都・衣笠三省塾 京都市 長野 享司 075-461-0739
「京の論語を楽しむ会」 京都市 安田洋二郎 090-9999-1458
一輪会 宇治市 森 正子 090-6606-8061
丹後子ども論語塾 京丹後市 青木 順子 0772-62-0225
北摂尚友木鶏クラブ 高槻市 森 達次 072-695-9945
中之島図書館論語塾 大阪市 谷口 利広 0745-73-2809
「ええやんか!論語」
 ・梅田・論語に親しむ会 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
 ・有隣論語塾(女性の為の論語講座) 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
不昧猶興会やまとことば活学論語塾 豊中市 木下 080-5318-2880
真儒協会定例講習 大阪市 高根 秀人年 06-6330-0661
高津子供論語を楽しむ会 大阪市 野﨑 眞夫 090-9879-3135
中津論語を楽しむ会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
洗心講座 大阪市 松本 守信 090-3704-6289
中津吟詠教室 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
詩吟及び漢詩の会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
博学篤志塾 大阪市 岡野 護 06-4797-9570
南河内照隅会 大阪狭山市 金谷 善夫 072-366-5554
耕心塾 四條畷市 川西 勝久 072-876-0657
箕面継学会 箕面市 入江 潤 090-7751-0500
伊丹丹養子供会 伊丹市 柳 佳子 090-7485-4785
宝塚・寺子屋論語塾 宝塚市 岸本 健 0798-53-7673
篠山論語塾 篠山市 熊谷 満 079-552-0850
久敬の会 神戸市 吉岡信一郎 090-9716-0957
東播磨小学生論語素読会 加古川市 浅見 純子 090-4561-1307
仁譲塾 高砂市 浅見 純子 090-4561-1307
うはら論語会 神戸市 目黒 泰禪 078-981-9655
姫路「論語」に親しむ会 姫路市 尼子 美保 090-7102-7647
素読塾 兵庫県多可郡 永谷 敏 0795-32-3971
めだか論語普及会
 ・八雲めだか論語塾 松江市 小谷 忠延 0852-54-1072
 ・出雲めだか論語塾 出雲市 岩本 勍 0853-23-6768
 ・めだかの学校・國富教室 出雲市 小谷 忠延 0853-63-1372
 ・めだか論語荒島教室 安来市 小谷 忠延 0854-28-6951
 ・寺子屋あい論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-56-0001
 ・仁多志学論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0003
 ・三沢論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0714
阿品台こども論語塾 廿日市市 江藤 秀亮 0829-39-8111
論語に親しむ「里仁会」 東かがわ市 篠原 和男 090-5279-8815
綾歌「敬愛」親子論語塾 丸亀市 宮武 清寛 087-881-8111
こども論語素読塾 松山市 石田 英司 089-948-1222
瓠堂塾 大分市 玉井 重麿 097-553-5394
宇土親子論語教室 宇土市 米澄 邦夫 0964-26-1515
菊池こども論語塾 菊池市 木原 昭三 0968-25-2316
【順不同 随時更新 平成29年4月現在】
各教室の行事予定詳細は・・・こちら
ページTOPへ↑

Copyright:(C) 2017 Rongo-Fukyukai. All Rights Reserved.