行事案内今月のことば論語漫遊など、最新情報はすべてこちらにまとめました

New! 最新情報【論語普及会】New!

 今月のことば (2019年11月) 会長 目黒 泰禪

 八佾舞庭(はちいつぶてい)

 孔子(こうし)、季氏(きし)を謂(い)う、
 八佾(はちいつ)庭(にわ)に舞(ま)わしむ。
 是(これ)をも忍(しの)ぶべくんば、
 孰(いず)れをか忍(しの)ぶべからざらんや。

 孔子、謂季氏、八佾舞於庭。是可忍也、孰不可忍也。
 (八佾第三、仮名論語二三頁)


〔注釈〕先師が季氏を批評して言われた。言「季氏は家老の身分でありながら、先祖の祭りに(天子が用いる)八佾を以て自分の庭で舞わせている。これ(この僭越な行為)を忍ぶことができれば、他に忍べないことはないだろう」

 「八佾(はちいつ)」という天子が用いる八列八人の六十四人で行う舞を、魯の季孫氏が大夫(家老)という陪臣の身分にもかかわらず自邸の庭で舞わせたことを、孔子は強い語調で批判された。このような僭越な行為を容認しては季孫氏が如何なることも為しかねない、との警告でもある。本来ならば諸侯は六佾(六列六人の三十六人)、大夫は四佾(十六人)であるから、季孫氏は大夫につき四佾でなければならない。

 今年も恒例の九月二十八日、台北孔子廟釋奠(せきてん)(孔子誕辰二五六九年周年)に論語普及会会員八名で参列した。この台北孔子廟での釋奠参列は、四十五年前(一九七四年)の成人教学研修所の論語堂開堂式に孔子七十七代直裔孫孔徳成先生をお招きしたのが機縁で始まった。今年で四十四回目である。その当時、台湾と日本は国交を断絶しており両国交流が極めて困難であった。それにも拘らず孔徳成先生は招聘に応え来日して下さり、「孔子の『仁』に関する思想」と題してご講演を賜った。今年の釋奠は早朝から生憎の甚雨となり、正献官等の祭官も佾生他も全員頭から透明の長合羽を着けての儀礼となった。しかし滴(したた)る雨を物ともせず、見事に舞い奏でる佾生や楽生に真に感心させられた。また第一回目から釋奠に参列されている道友の河野通一氏が、陪祭官の一人を務めたことも欣快の至りであった。

 台北孔子廟釋奠では、二〇〇八年からの国民党馬英九総統時代の八年間、総統自らが孔子の位牌前で焼香される際は、古代の天子の儀礼に則って、八佾の舞が奉納されている。しかし二〇一六年に民進党蔡英文総統になってからは、代理による焼香となり六佾の舞が続いている。今年も六佾であった。だがこの度は桃園空港に降り立ってから、台北の空気がこれまでとは違うのを漠然とではあるが感じた。翌朝、地元の『中國時報』を読み、その違いが解けた。今の台湾は中国との別離を強調するあまり、「中国」「蒋介石」「孔子」を避けるという風潮になっている。ホテルの部屋でデモ隊の声が聞こえた。香港での「逃亡犯条例」改正案への反対をきっかけに三ヶ月以上続く民主化・「反中国化」デモに、連帯を示して十万人規模(主催者発表)のデモがあったようだ。声は「台湾は香港とともにある」との意味らしい。しかし新聞記事の表現「去中国化、去蒋化」はともかくとして、「去孔化」は大陸の前の時空に戻ったようで胸痛む。「坊主憎けりゃ袈裟まで」か。心寂(うらさび)しいことである。

 八佾(はちいつ)を 舞ふ人々の おごりほど 過ぎたるやなし 過ぎたるやなし
        (見尾勝馬『和歌論語』)


先哲祭にて

良書案内
八百屋論語と孝の道
それ論語!?
「孝経素読」「私の祈り」「論語…に生き方を学ぶ」
「百歳の論語」
「仮名論語」

書籍申込書
ページTOPへ↑
教室名称 開催地 代表・講師 連絡先
東日本国際大学・論語素読及び勉強会 いわき市 城山 陽宣 0246-21-1662
河内「論語」に親しむ会 宇都宮市 伊藤 昭博 028-673-8526
里仁・春日部「論語を学ぶ会」 春日部市 鈴木 絹江 080-1083-9643
富山論語塾関係
 ・里仁塾 富山市 青木 順子 076-456-8221
 ・桜っ子論語塾 富山市 青木 順子 076-456-8221
ななお耳順会 七尾市 外谷 與生 0767-53-3872
金澤・親子で楽しむ寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
小坂・寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤・親子の寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤温習塾 金沢市 小林 洋 076-436-5881
滋賀・ひとまち寺子屋「こども論語塾」 草津市 西原 卯宏 090-8799-7846
東急セミナー「論語を読む」 自由が丘 井上 象英 03-5726-4153
明清こども論語塾 藤沢市 阪井 祐基子 0466-33-8777
富士論語を楽しむ会 富士市 藤田 恵丸 090-3704-6289
東洋文化振興会 名古屋市 三島 徹 090-4859-4736
三重・喜心の会論語塾 三重県員弁郡 福島 義信 090-5642-5998
0594-76-1502
京都・衣笠三省塾 京都市 長野 享司 075-461-0739
「京の論語を楽しむ会」 京都市 安田洋二郎 090-9999-1458
一輪会 宇治市 森 正子 090-6606-8061
丹後子ども論語塾 京丹後市 青木 順子 0772-62-0225
北摂尚友木鶏クラブ 高槻市 森 達次 072-695-9945
中之島図書館論語塾 大阪市 谷口 利広 0745-73-2809
「ええやんか!論語」
 ・梅田・論語に親しむ会 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
 ・有隣論語塾(女性の為の論語講座) 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
不昧猶興会やまとことば活学論語塾 豊中市 木下 080-5318-2880
豊中こども論語塾 豊中市 乾 進一 080-1410-7164
真儒協会定例講習 大阪市 高根 秀人年 06-6330-0661
高津子供論語を楽しむ会 大阪市 野﨑 眞夫 090-9879-3135
中津論語を楽しむ会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
洗心講座 大阪市 松本 守信 090-3704-6289
中津吟詠教室 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
詩吟及び漢詩の会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
博学篤志塾 大阪市 岡野 護 06-4797-9570
南河内照隅会 大阪狭山市 金谷 善夫 072-366-5554
耕心塾 四條畷市 川西 勝久 072-876-0657
箕面継学会 箕面市 入江 潤 090-7751-0500
伊丹丹養子供会 伊丹市 柳 佳子 090-7485-4785
宝塚・寺子屋論語塾 宝塚市 岸本 健 0798-53-7673
篠山論語塾 篠山市 熊谷 満 079-552-0850
久敬の会 神戸市 吉岡信一郎 090-9716-0957
東播磨小学生論語素読会 加古川市 浅見 純子 090-4561-1307
仁譲塾 高砂市 浅見 純子 090-4561-1307
うはら論語会 神戸市 目黒 泰禪 078-981-9655
姫路「論語」に親しむ会 姫路市 尼子 美保 090-7102-7647
素読塾 兵庫県多可郡 永谷 敏 0795-32-3971
めだか論語普及会
 ・八雲めだか論語塾 松江市 小谷 忠延 0852-54-1072
 ・出雲めだか論語塾 出雲市 岩本 勍 0853-23-6768
 ・めだかの学校・國富教室 出雲市 小谷 忠延 0853-63-1372
 ・めだか論語荒島教室 安来市 小谷 忠延 0854-28-6951
 ・寺子屋あい論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-56-0001
 ・仁多志学論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0003
 ・三沢論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0714
阿品台こども論語塾 廿日市市 江藤 秀亮 0829-39-8111
論語に親しむ「里仁会」 東かがわ市 篠原 和男 090-5279-8815
綾歌「敬愛」親子論語塾 丸亀市 宮武 清寛 087-881-8111
こども論語素読塾 松山市 石田 英司 089-948-1222
瓠堂塾 大分市 玉井 重麿 097-553-5394
宇土親子論語教室 宇土市 米澄 邦夫 0964-26-1515
菊池こども論語塾 菊池市 木原 昭三 0968-25-2316
【順不同 随時更新 平成29年4月現在】
各教室の行事予定詳細は・・・こちら
ページTOPへ↑

Copyright:(C) 2017 Rongo-Fukyukai. All Rights Reserved.