行事案内今月のことば論語漫遊など、最新情報はすべてこちらにまとめました

New! 最新情報【論語普及会】New!

 今月のことば (2020年2月) 会長 目黒 泰禪

 歳寒松柏(さいかんしょうはく)

 子(し)曰(のたま)わく、歳(とし)寒(さむ)くして、
 然(しか)る後(のち)に松柏(しょうはく)の
 彫(しぼ)むに後(おく)るるを知(し)るなり。

 子曰、歳寒、然後知松柏之後彫也。
 (子罕第九、仮名論語一二四頁)


〔注釈〕先師が言われた。「寒さが厳しくなってはじめて、松やヒノキが他の木のように枯れしぼまないのが判る(人も苦しみにぶつかって、はじめて真価が判るものだ)」

 凛冽たる寒気の中でも色を変えない松柏。孔子は「歳(とし)寒(さむ)くして、然(しか)る後(のち)に松柏(しょうはく)の彫(しぼ)むに後(おく)るるを知(し)る」(子罕篇)と表現される。大寒から節分までの十五日間は、一年中で寒気が最も厳しい。この寒さに耐え、黙して立ち続ける。

 陶淵明(三六五-四二七年、中国六朝時代の東晋の詩人)も詠う。「蒼蒼(そうそう)たる谷の中の樹(き) 冬も夏も常に茲(か)くの如し 年年に霜雪に見(あ)う 誰か時を知らずと謂うや」谷の中に眠る松柏は、冬も夏も、いつも蒼蒼たる色を変えない。年々歳々、霜雪に見舞われるというのに、誰が四時を知らないなどと言うのか。「歳寒松柏」「蒼蒼谷中樹」のように在りたいと念うばかりである。

 生まれ育った北海道の冬は、エゾ松やトド松も凍えるような雪の白さの記憶である。オホーツク海は流氷で覆われ、どこまでも白い。時には太陽さえもダイヤモンドダストで白くけむる。小学生の頃、吹雪(ふぶ)けば学校が休みになると喜んでいた。大人の苦になる雪かきや雪下ろしも全然頭になかった。一日中、スキーや艝(そり)で滑り、また本堂の屋根から新雪へ飛び込むのも面白く (危険だから真似はしないで下さい)、まるでゴマアザラシのように雪まみれになって遊んでいた。中学生になると急に、雪で「遊ぶ」から「思う」ようになった。思春期の持つ固有の憂いとでも言うのであろうか、色だけでなく音も匂いも消し去るような新雪に孤独を感じた。今でもその名残か、クラシック音楽は、針葉樹の緑と雪の白さを感じる北欧の作曲家、シベリウス(フィンランド)、グリーグ(ノルウェー)やニールセン(デンマーク)等の蕭寥(しょうりょう)とした曲が好きである。身体に持っている雪の白さの記憶であろうか。

 ただし、少年期の記憶と老年期の現実には、大きな差があり、年々その差が広がり深くなっている。数年前に雪を握り、こんなに冷たかったのかと、ゾクッとした。今では寝床に腹巻、ネックウォーマーと靴下も必需品となり、真冬にはそれに手袋と帽子。氷点下時は「大和おいね」(背(せな)蒲団(ふとん))と総出である。

 歳寒く もろ樹も彫(しぼ)む その折に
  緑いや濃き 松柏の色
       (見尾勝馬『和歌論語』)


元旦の筆者自宅の掲示板(目黒会長撮影)

良書案内
八百屋論語と孝の道
それ論語!?
「孝経素読」「私の祈り」「論語…に生き方を学ぶ」
「百歳の論語」
「仮名論語」

書籍申込書
ページTOPへ↑
教室名称 開催地 代表・講師 連絡先
東日本国際大学・論語素読及び勉強会 いわき市 城山 陽宣 0246-21-1662
河内「論語」に親しむ会 宇都宮市 伊藤 昭博 028-673-8526
里仁・春日部「論語を学ぶ会」 春日部市 鈴木 絹江 080-1083-9643
富山論語塾関係
 ・里仁塾 富山市 青木 順子 076-456-8221
 ・桜っ子論語塾 富山市 青木 順子 076-456-8221
ななお耳順会 七尾市 外谷 與生 0767-53-3872
金澤・親子で楽しむ寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
小坂・寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤・親子の寺子屋論語塾 金沢市 本田 実 076-251-0259
金澤温習塾 金沢市 小林 洋 076-436-5881
滋賀・ひとまち寺子屋「こども論語塾」 草津市 西原 卯宏 090-8799-7846
東急セミナー「論語を読む」 自由が丘 井上 象英 03-5726-4153
明清こども論語塾 藤沢市 阪井 祐基子 0466-33-8777
富士論語を楽しむ会 富士市 藤田 恵丸 090-3704-6289
東洋文化振興会 名古屋市 三島 徹 090-4859-4736
三重・喜心の会論語塾 三重県員弁郡 福島 義信 090-5642-5998
0594-76-1502
京都・衣笠三省塾 京都市 長野 享司 075-461-0739
「京の論語を楽しむ会」 京都市 安田洋二郎 090-9999-1458
一輪会 宇治市 森 正子 090-6606-8061
丹後子ども論語塾 京丹後市 青木 順子 0772-62-0225
北摂尚友木鶏クラブ 高槻市 森 達次 072-695-9945
中之島図書館論語塾 大阪市 谷口 利広 0745-73-2809
「ええやんか!論語」
 ・梅田・論語に親しむ会 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
 ・有隣論語塾(女性の為の論語講座) 大阪市 岸本 千枝子 090-3167-1727
不昧猶興会やまとことば活学論語塾 豊中市 木下 080-5318-2880
豊中こども論語塾 豊中市 乾 進一 080-1410-7164
真儒協会定例講習 大阪市 高根 秀人年 06-6330-0661
高津子供論語を楽しむ会 大阪市 野﨑 眞夫 090-9879-3135
中津論語を楽しむ会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
洗心講座 大阪市 松本 守信 090-3704-6289
中津吟詠教室 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
詩吟及び漢詩の会 大阪市 岡野 護 090-5645-7065
博学篤志塾 大阪市 岡野 護 06-4797-9570
南河内照隅会 大阪狭山市 金谷 善夫 072-366-5554
耕心塾 四條畷市 川西 勝久 072-876-0657
箕面継学会 箕面市 入江 潤 090-7751-0500
伊丹丹養子供会 伊丹市 柳 佳子 090-7485-4785
宝塚・寺子屋論語塾 宝塚市 岸本 健 0798-53-7673
篠山論語塾 篠山市 熊谷 満 079-552-0850
久敬の会 神戸市 吉岡信一郎 090-9716-0957
東播磨小学生論語素読会 加古川市 浅見 純子 090-4561-1307
仁譲塾 高砂市 浅見 純子 090-4561-1307
うはら論語会 神戸市 目黒 泰禪 078-981-9655
姫路「論語」に親しむ会 姫路市 尼子 美保 090-7102-7647
素読塾 兵庫県多可郡 永谷 敏 0795-32-3971
めだか論語普及会
 ・八雲めだか論語塾 松江市 小谷 忠延 0852-54-1072
 ・出雲めだか論語塾 出雲市 岩本 勍 0853-23-6768
 ・めだかの学校・國富教室 出雲市 小谷 忠延 0853-63-1372
 ・めだか論語荒島教室 安来市 小谷 忠延 0854-28-6951
 ・寺子屋あい論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-56-0001
 ・仁多志学論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0003
 ・三沢論語塾 島根県奥出雲町 小谷 忠延 0854-54-0714
阿品台こども論語塾 廿日市市 江藤 秀亮 0829-39-8111
論語に親しむ「里仁会」 東かがわ市 篠原 和男 090-5279-8815
綾歌「敬愛」親子論語塾 丸亀市 宮武 清寛 087-881-8111
こども論語素読塾 松山市 石田 英司 089-948-1222
瓠堂塾 大分市 玉井 重麿 097-553-5394
宇土親子論語教室 宇土市 米澄 邦夫 0964-26-1515
菊池こども論語塾 菊池市 木原 昭三 0968-25-2316
【順不同 随時更新 平成29年4月現在】
各教室の行事予定詳細は・・・こちら
ページTOPへ↑

Copyright:(C) 2017 Rongo-Fukyukai. All Rights Reserved.